シーンに合わせた腕時計|ピアスや腕時計はレディースだけに限らない!アクセサリーを楽しもう

ビジネス腕時計のチェックポイント

no.1

視認性を考える

腕時計は本来時間を確認するための物です。その点において視認性は大事なポイントになっていきます。何回も時間を確認する行為は失礼にあたるので、1度で何時か確認出来るかどうかを皆さんは見極めているようですよ。

no.2

ベルトは両方持っている方が無難

革ベルトや金属ベルトのタイプの腕時計でわかれますが、さまざまなシーンで活用するためには両方のタイプの腕時計を持っていた方が便利だとの声がありました。

no.3

本体の大きさ

メンズの腕時計はレディースに比べて大きく作られていますよね。だからこそ、本体のサイズ感が自分の腕に対して大き過ぎないかチェックしている人が多いようですよ。

no.4

統一された色

色がバラバラ過ぎるとまとまっていない印象を受けます。そのため、文字盤の色からベルトの色まで、まとまりのある色であるかどうかを全体としてチェックするとの意見がありました。

no.5

お値段にも気をつける

ビジネスシーンでは、何気なく見えてしまうのが腕時計です。だからこそ、自分の身の丈に合った値段の腕時計を選ぶようにしているようです。

シーンに合わせた腕時計

メンズ

冠婚葬祭

腕時計は、シーンにあったものを選んで身につけるのがおすすめです。例えば冠婚葬祭は、フォーマルシーンとして例えられる場所と言えるでしょう。この時に、ドレスコードに注意をするだけでなく、腕時計もシーンに合わせたものを選ぶようにすることが大切です。ベルトは黒革が好ましいとされています。

結婚式やパーティー

結婚式も冠婚葬祭の中に入りますが、パーティー形式になるので、少しカジュアルな印象として認識してもOKです。デジタル時計はNGですが、主張のし過ぎていないデザインを選ぶようにすると良いでしょう。

ビジネスの最前線

取り引き先と会って仕事をするなど、ビジネスの最前線に立って仕事をするのであれば、ビジネスシーンに合った腕時計を考えて身につける必要があります。靴やスーツに合ったデザインの時計を選びましょう。

腕時計は見られている

腕時計は服と同じで、意外と見られている場所です。そのため、どんなシーンで何を身につけるのかにもこだわって腕時計を選ぶ必要があるでしょう。

広告募集中